ダポキセチンとは
芝生に置かれているクリスタル地球儀

早漏防止によく効くとして、大きな話題となっているダポキセチンは、世界60カ国で医薬品として認可されている安全性の高い薬です。
日本に上陸して以降、画期的な早漏改善の飲み薬として、その知名度を高めています。
ダポキセチンはもともと、うつ病のために開発された成分であり、脳内のセロトニンを増加させる働きを持っています。
早漏になってしまう原因として、過度の緊張と興奮、精神的な余裕のない状態などが挙げられます。
心が緊張し、興奮が抑えきれない状態というのは、脳内にアドレナリンという興奮物質が過剰生成され、コントロールが効かなくなっていると考えられます。
そのアドレナリンの分泌を抑えて、精神的に落ち着いた状態にしてくれるのが、脳内物質セロトニンです。
脳内物質セロトニンが増加すると、緊張がほぐれ、自然と精神に余裕が湧いてきます。
脳内がリラックスすることで、射精タイミングをセルフコントロールできるようになるのです。
ダポキセチンの効果は、服用後1~2時間で、最大になるといわれています。
デートの際、夜のお食事の後に、1錠服用しておくだけで、その後の夜のお付き合いを、より良いものにしてくれるのです。
階段を上っているスーツの男性ダポキセチンの優れた点は、長期的な服用により、更に効果を増していくところにあります。
ダポキセチンについて様々な統計が存在していますが、多くの服用者が、長く使用するほど、ダポキセチンの効果を実感するようになったとされています。
はじめのうちは、たった1~2分射精を遅らせるだけだったのが、数ヶ月使用するうちに、段々とタイムが伸びていった、と報告しているのです。
長期的な服用で、より緊張しにくく、リラックス状態を保ちやすくなるのでしょう。